論文投稿

1. 原稿内容

交渉学の学問領域における研究論文で学術的価値があり、原則として未刊行のものとする。

2. 応募資格

本会会員(個人)に限るものとする。共著の場合は、ファーストオーサー(第一執筆者)が本学会員であれば投稿資格を有する。

3. 提出期限

本学会が指定する日付を提出期限とする。なお、提出期限日は会員各位にニュースレターで連絡する。

4. 提出先

本学会が指定する電子メールアドレスとする。

5. 提出仕様

Eメール(本文添付ファイルにて)にて提出する。

6. 原稿の標題ページの書き方

  • 標題、著者名、所属機関名は最初のページの頭部に和英併記とする。表記は、明朝、Century を使用する。標題は、文字サイズ14ポイント、太字、中央置きとする。著者名と所属機関名は、いずれも12ポイント、太字、右寄せとする。著者名は、@姓(すべて大文字)を表記し、その後ろにカンマ(,)をつけ、1文字分あけて名(先頭文字のみ大文字、ほか小文字)とする。例)FUJITA, Tadashi
  • 続いて論文の要旨(abstract)を和文、英文の順とする。文字サイズは10.5ポイントとする。要旨字数については、和文は300字以内、英文は800word以内とする。
  • キーワード(5つまで)を和英併記、文字サイズは10.5ポイントとする。
  • ここまでで第1ページに収めるものとする。
  • 第2ページ冒頭より本文を始める。文字サイズは10.5ポイントとする。

7. 原稿本文の体裁と書き方

  • 提出する原稿は、ワープロ等による読みやすい文字で白地に黒で書き汚や傷などのない原稿にする。
  • A4サイズの用紙を使い、以下のようになっているかを確認

    ワード画面のページレイアウトを開く 赤丸のところをクリックすると標準書式 縦40字 横36字になっている。横書きとする(上350mm、下300mm、左右300mm)。
  • ページは最下段の中とする。
  • 見出しは、次の例に示すような見出し記号で統一し、太字で書く。
    1. ----------------(大見出し)
    1. 1. ------------(中見出し)
    1.1.1.--------(小見出し)
  • 文体は口語体とする。仮名は、平仮名を用いる。その場合は、「新仮名づかい」による。
  • 記号
    1) パラグラフの頭は1マス空ける。
    2)句読点、カツコ類は1マス使う。
    3)文字のフォントは、和文は明朝体、英文や数字はcenturyを用いる。
  • 図・表
    1)図表は、必ず本文の欄外に表1あるいは図1などのように指定する。
    2)図表には、必ずタイトルをつけ、併せて出典を明記する。
  • 数式
    1)数式の2 段階番号(1. 1)、(1, 2)のようにして、式の右側におくこと。
    2)文章の中で用いる数式は、たとえば、1/10、c/d、dy/dxのようにすること。
  • 注・参考文献
    参考文献リストは文書末に掲載すること。
    文献引用システム

    注を付ける際にはワード画面の参考資料をクリックし、脚注の挿入をクリックするとページ下に注番号1と表記される。その後自動的に2、3と表記される。(文末脚注の挿入にならないように注意)
    注は本文中には、一連番号を参照箇所の右肩に1、2 -------のように示し、別紙にまとめて書く。また、本文中において参考文献を引用するときは「------1によると---------」のように書く。ホームページから引用を行う場合には、参照した日付を書く。
    脚注、参考文献の表記は、APA(American Psychological Association; APA)文献引用システムに従う。

    例:
    ※洋文献
    Fujita, A.T. (1988)“Negotiation Under Uncertainty”,Negotiation Journal, Vol.1.,
    No.2. pp.119-121.
    (雑誌名はイタリックにする)
    (雑誌掲載の論文名にはダブルクォーテーションを付ける)
    (論文タイトル→掲載雑誌名→巻号→ページの順)
    Fujita, A.T. (1985) Negotiation Theory,New York: McGraw Hill.
    (書名はイタリックにする)
    (書名→出版地→出版社の順))
    Tani, M. (2013). Message from the President. Retrieved March 10, 2010, from
    http://www.fukuoka\fg.com/english/ffg_profile/index.htm

    藤田忠(1987)『交渉と決断』経営交渉研究所。

8.査読

投稿原稿の掲載の採否については、学会誌編集委員会の査読評価を経て決定する。 査読評価は、
「1. 採録」、「2. 条件付き採録」、「3. 修正後再査読」、「4. 不採録」とする。
「1. 採録」とされた論文は、投稿論文をそのまま修正なしで掲載を決定する。
「2. 条件付き採録」とされた論文は、若干の修正を必要とするものである。査読者の修正意見をもとに論文の修正を行う。修正後の論文は編集委員会において修正箇所や内容を検討した後、採録や再度の修正を決定する。
「3. 修正後再査読」とされた論文は、修正を必要とするものである。査読者の修正意見をもとに内容を再検討、修正する。修正完了後、再び査読をする。
「4. 不採録」とされた論文は、掲載しない。

9. 原稿の訂正

採用後の研究論文の字句・図表等の訂正は認めない。

10. 投稿原稿の分類

投稿原稿は、編集委員会において以下4分類に審議決定する。
1.研究論文(Research Paper):学術的な性格と厳密さを有するオリジナル(初出)の論稿であること。
先行研究に基づき問題提起が的確で、方法論の選択、分析手法、分析結果の解釈および  考察が適切であること。本学会の学術研究の発展に貢献しうるもの。
2.研究ノート(Research Note): ある事項について系統的にレビューを行い、現在までの知見、将来の方向性、著者の見解などをあわせて示すもの。問題提起もしくは問題整理がなされており、高い資料的価値を有する論稿。
3.ケーススタディ(Case Study):文献サーベイや方法論を重視せず、具体的な事例の紹介・解説を目的としたもの。実務的な観点からの事例、学術的な観点からの事例、いずれでもよい。
4.書評(Book Review):交渉学の研究交流の活性化に資すると判断されるもの。書評には要約と諸表の両方を必要とする。評者名、書名(副題)、著者名、版数、出版社、刊行年、総ページ数を表記すること。

11. 提出原稿の枚数制限

提出論文(研究ノートを含む)は15ページ以内とし、カラー印刷を希望する場合には10ページ以内とする。ケーススタディは通常印刷で10ページ以内とし、カラー印刷を希望する場合には6ページ以内とする。書評は2ページ以内とし、カラー印刷は認めない。

12. 著作権

掲載論文の著作権は著者に帰属するものとし、本学会は編集出版権をもつものとする。